メル友からセフレを作るときの注意点

ドラマの影響もあり最近はセフレと言う言葉に敏感になり、実際にセフレを作る人も急激に増加しています。
それは芸能人から始まり、学生から会社員、人妻や年配の人にもセフレと交際をしている人がいるぐらいです。
年齢に関係なくセフレはいつでも気軽に会ってセックスをすることが出来るので、下手に風俗に行ったりするよりもお手軽なんでしょうね。

しかし便利そうに見えるセフレとの関係ですが、メリットのほかにもデメリットがある事も忘れずにいる事が面倒な事に巻き込まれないようにする手段でもあるので、セフレがいる人もこれから作ろうとしている人も、メリットもデメリットもきちんと把握しておいて下さい。

だいたい、出会いサイトなどインターネット上の掲示板を使ってメル友から始まり、この人とならセックスしてもいいかなというような関係に発展することが多いでしょう。
男性も女性もメル友から始めませんか?というのは結局のところセックスの相手を探しているということなんですね。

~セフレがいると言うデメリット~

セフレを作るときに、きちんと相手にセフレとしての契約をしていますか?
セフレがいると答える人の中には自分の中で勝手にこの人はセフレと考えている人がいて、実は相手にとっては恋人候補の一人だったりする事もあるのである日突然「いつになったらちゃんと付き合うの?」なんて聞かれないように注意しましょう。その為には最初のうちできちんとセフレであると言う事をお互いに認識していなくてはいけないので、勝手にセフレと思い込むのは後々面倒な事になります。またセックスをする際には避妊をするようにしましょう。セフレとしての信頼関係があり長い付き合いの場合には不特定多数の人とセックスをする人も少ないと思いますが、年齢が若ければ若いほどセフレがいても不特定多数の人とセックスをしている可能性があるので性病と妊娠の心配がでてきます。なのでしっかり避妊をする事をお忘れなく。ですがこれが大人の関係のセフレになってくると、もし妊娠をしても割り切った関係をお互いに認め合ってセフレとして交際しているので、そういった人の中には認知だけしてもらって出産すると言うケースも最近はよくあり、近年シングルマザーが増加しているのも実はセフレを作る人が増えている事が背景に隠されていたのです。

~メリットは沢山ある~

セフレを作ると基本的にはメリットのほうが多いので、セフレと言う交際の形に興味がある人は早速作ってみましょう。いつでもセックスがしたい時にできると言うのがセフレがいるメリットですが、そんな簡単に終わらすことができないほど、もっと奥深いところにセフレのメリットがあるのです。セフレを作るとき誰でもイイってわけではなく、相性を見たり性格を多少見たりして決めるので、セックスの相性だけではなく性格の相性も会えばその分セックス意外でも親しくすることが出来るので、例えば人生相談や恋愛相談なんかをしてお互いを励ましあうこともできるので一番身近で信頼できる関係になることもあります。本音で悩みを打ち明けることができる相手がいる事ほど幸せなことはないですよね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ